狭小地で都心にマイホームを持てるようになる

人気の住宅物件

住宅

ショッピングモールなどの商業施設が多く、住みやすいと評判の岸和田市では戸建てを選択する人が増えています。新築の他にも中古一戸建ても選択肢にあるので、メリットを考えて選ぶことが大切です。

More...

狭い土地でも快適に暮らす

部屋

低コストで一戸建てを実現

長引くデフレによってわが国の土地価格は低迷が続いていますが、都市部にあっては高水準を維持しています。そのため、都会での一戸建て住宅は、庶民にとっては依然として「高値の花」であることに変わりはありません。しかしそんな状況にあっても、夢のマイホームを実現する手立てはあります。といっても特別な工夫は必要なく、その方法は極めて単純です。土地が高くて手が届かないのであれば、手の届く程度の狭い土地に家を建てればいいだけの話です。おおむね15坪(あるいは20坪)以下の土地のことを、狭小地と呼びます。地価の高いエリアでも、狭小地であれば購入可能な価格水準の物件がたくさん見つかります。そうした土地でも、工夫次第では一戸建て住宅を建設することは可能です。注意が必要なのは、これが決して「狭い土地で我慢する」ことを強いるわけではないということです。現在では狭さを感じさせないさまざまな工法が確立されており、少ない敷地面積でも快適に住まうことが可能です。

室内を広く使う工夫

狭小地に住宅を建てる時に最もよく使われる手法が、3階建てにすること、または地下室を設置することです。これは、面積が横に延びなければ縦に延ばせばいいというシンプルな発想で、土地が小さくても十分な床面積を確保することができます。商業地はもちろん、住居専用地域でも都市部の場合は木造3階建ての建築制限が設けられていないところが多いので、好適地を見つけることはさほど難しくありません。また、壁をできるだけ取り払って1つの部屋が複数の用途を兼ねられるようにしたり、吹き抜けを作って空間に広がりを持たせたりするのも、狭さを感じさせない工夫です。最近は狭小地における住宅建設に豊富なノウハウを持つ住宅メーカーも増えてきているので、さまざまな相談に乗ってくれます。

お得な物件がある

男の人

埼玉で新築一戸建てが人気なのは、都心に出やすく、価格がリーズナブルだからです。交通の便が良いところが多いため、電車通学や通勤の人には最適な地域と言えます。車通勤の人にも便利な地域があります。不動産情報を見てみましょう。

More...

土地に合ったスタイルの家

室内

湘南で注文住宅を建てている建築会社では、湘南という土地に合った多彩なスタイルを提案しています。エコ住宅であることが標準仕様となっており、室内のドアやフロアーなどがカスタマイズできるため、家に個性が生れます。

More...